石川県金沢市、野々市市、白山市及びその近郊、成年後見制度に関するご相談承ります

やわらか福祉相談室
トップページ
お問い合わせ
  標準   標準   標準  
やわから福祉相談室のサービス

やわから福祉相談室のサービス

見守り契約

今は元気だけど、将来の事が不安。多少お金がかかっても良いので、困っている事や将来の事などを相談できる専門家がいてくれると心強い。
こんな風な事を考えた事はありませんか?

自分の人生設計(ライフプラン)を相談しながら、いざという時には成年後見制度などを活用しながら、将来に備えていきます。

見守り契約については、その方に合ったプランを一緒に考えて契約します。
基本的に将来に備えるもので、事前に自分の思いを残しておく事がこの契約の狙いです。

詳しくはお問い合わせください

財産管理についての任意契約

基本的には任意後見の前段階の契約として行います。  見守り契約と財産管理の任意契約を結んでおいて、いざという時になったら任意後見へ移行します。

自分の将来についてよく話し合い、福祉や医療など生活に関わる事も話し合いながら決めていきます。目の前の事だけでなく、長い期間の事を決めるので十分に話し合いながら進めていくのが基本です。

詳しくはお問い合わせください

死後の事務任意契約

遺言書や後世に残しておきたい自分の願い事などを考えておく事は、最近になって重要だと とらえられるようになりました。
生きているうちはある程度の意思確認が可能な場合がありますが、いざ葬儀という時になって誰に任せるのか揉める事があります。

どの様に葬儀を行いたいか、誰を呼ぶのか、費用やセレモニー会館の場所、お墓や供養の方法などあらかじめ意思表示できる時に決めておく事はとても大切な事です。

成年後見を利用する事になっても、死亡したら後見人はその役目を終えます。その後の事も約束しておけば、引き続いて葬儀の手配や準備などを無理なく行う事が出来ます。

詳しくはお問い合わせください

申立サポート

成年後見の申立人は、本人(成年後見制度を利用する人)、配偶者、四親等内の親族などと限られた人しか申し立てできません。限られているからこそ申立が難しいケースがあります。

たとえば、戸籍や住民票など平日の昼間に取り寄せなければならない書類がある場合、仕事で取りに行けない場合があります。また、どの様に書けばよいか解らない場合もあります。
そんな時、代わりに申立に必要な書類の受け取りをしてきたり、書類の作成のお手伝いをするのが申立のサポートです。

申立の書類がきちんと整って、家庭裁判所の聴取の日程調整と聴取日に同席もしますので、不安なところは任せていただくか、お聞き下されば不安なく申立を行う事が出来ます。

申立時に、候補者にもなってもらいたいと感じたら申立後に後見人になれるような手続きも一緒に行います。滞りなく申立が終わりましたらサポートは終了いたします。

後見人に選任された場合は、引き続いて後見人としてサポートしていく事になります。また、ご家族やご親族が後見人の候補者になって選任された場合、後見人に就任した後も気軽に電話にて何を行えばよいかのサポートも行っていきます。

申立サポートについての相談料は無料です。
申立サポートの費用としては、「石川県社会福祉士会 権利擁護センターぱあとなあ石川」で定められた参考報酬規定に基づいての金額になります。

その他、申立に必ず必要な切手や印紙代、郵送でやりとりした場合の通信費用や交通費などの実費が別途かかります。
申立サポートの費用は一律です。実費につきましてはケースによって違ってきますが、おおよその金額は予めお伝えしております。その他詳しい事はお気軽にご相談下さい。

 

詳しくはお問い合わせください
お気軽にご相談ください
電話番号:076-259-5545
FAX番号:076-259-5546
365日受付 10:00~21:00
メールでのご相談
お問い合わせフォーム
やわらか福祉相談室 代表プロフィール