石川県金沢市、野々市市、白山市及びその近郊、成年後見制度に関するご相談承ります

やわらか福祉相談室
トップページ
お問い合わせ
  標準   標準   標準  
成年後見制度とは
コメント01 コメント02 コメント03 コメント04 コメント05 コメント06

成年後見制度とは

成年後見制度はどんな制度?

認知症、知的障害、精神障害などの理由で判断能力の不十分な方々は、不動産や預貯金などの財産を管理したり、身の回りの世話のために介護などのサービスや施設への入所に関する契約を結んだり、遺産分割の協議をしたりする必要があっても、自分でこれらのことをするのが難しい場合があります。

また、自分に不利益な契約であってもよく判断ができずに契約を結んでしまい、悪徳商法の被害にあう恐れもあります。

このような判断能力の不十分な方々を保護し、支援するのが成年後見制度です。

成年後見制度の概要

成年後見制度は、判断能力が不十分なために、財産侵害を受けたり、 人間としての尊厳が損なわれたりすることがないように、法律面や生活面で支援する身近な仕組みです。
判断能力や本人の意志などに応じて、「任意後見制度」や「法定後見制度」を利用することが出来ます。
成年後見制度チェック

どんなときに利用できますか?

成年後見制度は、判断能力の状況によって、「任意後見制度」と「法定後見制度」のいずれかが利用できます。
利用を考える上で、これらのようなパターンが考えられます。

1. ひとり暮らしの老後を安心して暮らしたい

任意後見
老人ホームなどに入所するための契約をしたり、入所費用の支払いなどの手続きをしてもらいたい。あわせてこれまで経営してきたアパートの管理もお願いしたい。できれば今から頼みたい。

2. 母が認知症になった

任意後見
母親が認知症になり、支払などが滞っているが本人でないと銀行からお金も下ろせない。委任状があれば対応できるといわれたが、毎回委任状を持って行くことも大変だ。何とか認知症の母親の生活を安定させたい。

3. 子供の将来が心配

法定後見
知的障がいのある子供の将来が心配だ。財産を残したとしても相続できないかもしれない。これからの福祉の法律が変わった時、対応してくれる人がいるだろうか?契約は出来ているが、自分がいなくなった後今まで通りに生活できるか心配だ。

4. いざという時のために相談できる相手が欲しい

見守り契約
今は介護などを利用する必要はないが、ひとり暮らしだったり、夫婦だけで暮らしていて身内が近くにいなかったりするので、お金を多少払っても良いので定期的に訪問してくれたり電話で相談に乗ってくれる専門家がいたら安心だ。

任意後見制度と法定後見制度の違い

「任意後見制度」と「法定後見制度」の詳細はこちらからご確認いただけます。
ご本人の判断能力が確かであれば、
任意後見制度が利用できます。
任意後見制度とは?
ご本人の判断能力が不十分であれば、
法定後見制度が利用できます。
法定後見制度とは?
詳しくはお問い合わせください
お気軽にご相談ください
電話番号:076-259-5545
FAX番号:076-259-5546
365日受付 10:00~21:00
メールでのご相談
お問い合わせフォーム
やわらか福祉相談室 代表プロフィール